レーザー脱毛の長所と短所

最近、脱毛について調べる度によく目にする「レーザー脱毛」ですが、みなさんはその原理をご存知でしょうか?
基本的に、レーザー脱毛とはメラニン色素と呼ばれる肌の黒い部分にのみ反応する光を照射することで
ムダ毛の毛根を焼いて毛が育たなくなる、というものです。
非常に出力の高い光を肌に照射するため、医療機関でしか受けられず値段も高いというデメリットもありますが、
医療のプロにしてもらうため、その効果は他の方法よりも高いです。
1度では目に見えた効果はありませんが、何度か通ううちにその部分のムダ毛は綺麗になくなり
毛周期と呼ばれる毛の生える時期に上手にかぶせて行うことで永久脱毛と同じような効果が得られます。
1回数十分と短い時間で処置ができるため、肌への影響もかなり少ないです。
施術中の痛みについてですが、レーザー脱毛体験者の方のお話だと、レーザー脱毛は結構痛いそうです。
例えると輪ゴムで弾かれる程度。と言われていますが、その痛みの程度も結構個人差がありますよね。
レーザー脱毛はメラニン色素を焼くレーザーを使うので、ほくろやしみ。日焼け等の部分は火傷をしてしまうため
そのために痛みを感じる方もいるようです。
その理由により、メラニン色素が多い人。肌の色が黒い人は施術を受けられないことがあります。
効果が高い分、それなりにデメリットもある方法ですが、安全性が高いので最近はとても人気が出てきています。